1. HOME
  2. ポリシー
  3. 品質方針

品質方針

東海ソフトの品質方針についてご紹介します。

品質マネジメントシステムについて

当社は、独立系ソフトウェア会社として、企業理念である、お客様に信頼される誠実な企業であると共に、技術・商品を常に研く企業であることをモットーに、企業や社会システムにおける情報化投資が拡大する中、お客様に提供する製品、ソリューション、及びサービス等の品質が、最も優先すべきものであるとの基本認識に立って活動することを事業経営の課題の1つとしています。

この企業理念を実現し、経営姿勢を具体的に実践する経営活動の一環として、品質マネジメントシステム(QMSという)を構築し、以下の品質方針を定め、企業活動を通して、社会の発展に貢献するべく行動します。

  • お客様満足の向上
    私達社員は、一人ひとりが基本動作を徹底し、お客様が要求される製品、サービス及び事業活動を高品質で提供するとともに、お客様のご要望に素早く対応することでお客様の満足と信頼を高めます。
  • 各要求事項の順守
    法規制、協定、組織が同意するその他要求事項及び当社の自主規制を順守します。
  • 品質目標の実施、評価及び改善
    品質方針は組織を通して、全社員に周知徹底を図ると共に、社員が各々の立場及び組織単位で、品質目標(アクションプラン)を定め、その達成のために創意と工夫で継続的な改善を図ります。
  • 継続的改善
    品質マネジメントシステム運用の有効性と適切性を持続させるために、定期的にレビューし、継続的改善を行います。
東海ソフトの品質マネジメントシステムとは、企業全体の運用品質の向上及び製品・サービスの安定稼働をP-D-C-Aの実行によって達成を目指す体系です。

以上

制定日 2017年4月1日

東海ソフト株式会社
代表取締役社長 伊藤 秀和