沿革

1970年に会社設立した東海ソフトの歴史についてご紹介します。

東海ソフトの歩み

1970年05月 ソフトウェア開発を目的として名古屋市に東海ソフト株式会社を設立。
1978年05月 東京支店開設。
1980年12月 特注インターフェースの自社製作を開始。
1983年08月 C-Stationを発表。ハードウェアの自社製作と販売を開始。
1987年12月 システムインテグレーション事業を強化。
1988年06月 第一次中期計画を開始。
1989年07月 静岡事業所開設。
1992年10月 品質管理サポート・プロダクトM-SHADOWを発表。
1995年06月 情報処理振興事業協会(IPA)の委託開発で、NetAttachを開発・販売。
1996年06月 コンピュータ・ネットワーク事業を強化。
1996年11月 法人向けインターネット・プロバイダー(TS-NET)のサービス開始。
1997年06月 関西支店開設。
1998年08月 サーバレス分散オブジェクト開発支援ツールPubwayを発表。
デジタル文書化サポート・プロダクトOfficecapを発表。
1998年12月 ASP事業のサービス開始。
1999年05月 医療用症例画像データベース管理Medicapixを発表。
2000年09月 設備保全スケジュールを管理する「設備管理プロダクト」を発表。
2000年10月 汎用ドキュメント管理PDM Officecap V3.0を発表。
2001年05月 本社を現在地に移転。
2001年10月 三重支店開設。
2001年11月 横浜事業所開設。
2001年12月 中国(蘇州)に宏智科技有限公司を設立。
2002年04月 登記書類自動作成ソフト SUPER筆頭を販売開始。
2004年06月 横浜事業所を支店に拡大。
2005年08月 地域新生コンソーシアム研究開発事業へ参加。
2007年05月 東京支店にてISO27001認証取得。
2009年05月 本社、横浜支店にてISO27001認証取得。
2011年02月 横浜支店を東京支店へ統合。
2011年03月 東京支店にてISO9001認証取得。
2014年11月 東京支店を現在地に移転。
2016年06月 宏智科技(蘇州)有限公司との資本関係を解消。
2016年08月 車載ソフトウェア標準化団体AUTOSAR Associate Partnerへ加盟。
2018年01月 プライバシーマーク認定取得。
2018年07月 株式会社ネクスティエレクトロニクスとの業務資本提携。
2019年02月 大阪支店を現在地に移転。
2019年02月 東京証券取引所市場第二部及び名古屋証券取引所市場第二部への上場。